富士山も河口湖も望める若草の宿 丸栄&ほったらかし温泉〜あっちの湯〜

スポンサーリンク

山梨県南都留郡にある、「若草の宿 丸栄」に行きました。なんと懸賞でペア宿泊が当たったのです。山梨県という事で、以前から気になっていた山梨市の「ほったらかし温泉」にも日帰り入浴しました。

先に山梨市の「ほったらかし温泉」へ

河口湖の旅館に行く前に、ほったらかし温泉へ。フルーツパークを抜け、山をずっと登って、到着。無料駐車場は広いですが、平日の午後で車は半分ほど埋まっていました。夕方以降はもっと混雑するのでしょうね。

富士山を望む「こっちの湯」と、甲府盆地を見渡す「あっちの湯」お風呂が2つあります。料金は同じ、どっちにしようか・・・。ここに来るのを決めてからずっと悩んでいましたが、広さのあるあっちの湯に決定。富士山は他の場所でも見えますが、甲府盆地を見下ろすなんて機会はそうないので。

あっちの湯入り口。

お風呂からはこの甲府盆地を見下ろせる。湯船は棚田のようにいくつかあって、広くて本当に気持ちの良い温泉でした。お湯の色は無色透明の単純泉。温度はどちらかというとぬるめでしょうか。小さなお子さんもたくさんいて皆楽しそうにしていましたし、熱くはないはずですね。

私は午後の明るい時間に行ったのですが、夜は夜景がとても美しそうです。いつかは夜も行ってみたい。余談ですが、タオル大(バスタオル)とタオル小が販売されていました。タオルは持っていましたが、ほったらかし温泉オリジナルの様なので200円の小さなタオルを記念に購入。

甲府市から河口湖に行く途中に渡った橋。日も暮れてきて、富士山が美しいです。

丸栄の食事はボリューム満点

アメニティが充実していました。これはありがたい。

夕食の写真です。部屋出し。勝手な想像ですが、山の多い土地(というか海のない県)の料理は鹿や猪料理がでてくるイメージがありましたが、豚と牛でした。ポン酢で食べるメインの鉄板焼きが美味しかった!最後に料理長さんからのサービスという事で揚げ物を出していただいたのですが、超満腹で完食できませんでした。せっかく頂いたのにごめんなさい。

朝食は河口湖の見える食事会場でいただきました。

露天風呂は明るい時間に!夜は暗くて景色見づらい

旅館のお風呂についてですが、河口湖が見える露天風呂のある大浴場と、富士山が見える露天風呂のある大浴場がありました。時間帯で男女入れ替え、この日の女湯は夜に河口湖の見えるお風呂。

当たり前といえば当たり前ですが、暗くて景色はよくわかりませんでした。街灯のおかげで湖がある事はわかりますが、「河口湖がきれいだな〜」という感じではなかったかな。同行者である夫はその頃、富士山が見える方のお風呂。やっぱり暗くて富士山は見えなかったそうです。露天風呂の景色を楽しみたいなら、完全に日が落ちる前が良さそうですね。

次の日の朝、男女入れ替わっているので私は富士山風呂へ。朝から快晴なので、期待大。いざ入浴すると・・・ああ、写真が撮れないのが本当に残念。両端の柵のせいで視界は少し狭いですが、富士山がバッチリ、最高の気分です。他にお客さんもいません。独り占め。女湯がこの時間、このお風呂で良かった。 ここでこんなに素晴らしい富士見風呂を楽しめるなら、ほったらかし温泉では盆地ビューを選んで正解でした。

最後に

部屋の右手の窓からの景色。富士山が綺麗に見えて、なんて清々しい気持ち!この時の宿泊プランはスタンダードのものでした。しかし、富士山の見える部屋にアップグレートしてもらえたのです!なんて嬉しい ( ´▽`)無料の宿泊客に対してもこのサービス。幸せです。

せっかくの素敵な部屋。もっと旅館で寛いでいたいですが、富士急ハイランドに行くので早めに出発。以上、河口湖 若草の宿「丸栄」宿泊備忘録でした。

旅館情報

・若草の宿丸栄

所在地:山梨県南都留郡富士河口湖町小立498

チェックイン14:00

チェックアウト11:00

無料駐車場100台あり。河口湖駅から無料送迎あり。

・ほったらかし温泉

所在地:山梨県山梨市矢坪1669-18

営業日:年中無休

入浴料:大人800円、0歳〜小学6年生まで400円

無料駐車場あり。

日帰り入浴施設ですが、キャンプ場もあります。

コメント