儲かったのか?ギザ10を20年以上集め続けた管理人が現在の価値を公開

古銭好きのみなさんこんにちは。ギザ10好きのねこ班長です。私の話から始まるので、お前の話は興味ないわと言う方は目次からお好きなところへ飛んで下さい。

何でギザ10を集め始めたのか?儲かると思ったから!

レンレン
レンレン

いつから集めてるの?

ねこ班長
ねこ班長

中学生くらいから。自力だけじゃなく色んな人に協力してもらいました。

当時「ギザ10は貴重。製造年に関わらず最低でも20円の価値がある。今後その価値はもっと上がるかも」とどこかで聞きつけたからでした。

あれから20年以上経ち、手持ちのギザ10の価値がどの程度なのか確認する時が来ました。

あなたもギザ10を持っているなら、引っ張り出して一緒に価値を確認しませんか?

ギザ10とは?製造年別に価値が異なる

ギザ十(ギザじゅう)とは、昭和26年(1951年)〜昭和33年(1958年)の間に作られた10円玉です。昭和31年は製造なし。

こんな感じで硬貨の縁に線が入っています。この模様があるのでギザ10と呼ばれています。ちなみにギザは132本。硬貨の周囲を削って金属を得るという行為を防止するためにこの線は彫られました。

ギザ10の買取価格は製造年代別に異なるので詳しく調べてきました。本やネットをいろいろ読みましたが、若干の違いはあれどこれが1番多かったので当サイトでも平均価格として載せます。

  • 昭和26年:発行枚数 約1億枚 価格15円
  • 昭和27年:発行枚数 1億8663枚 価格11円
  • 昭和28年:発行枚数 4億6630枚 価格12円
  • 昭和29年発行枚数 5億2090枚 価格11円
  • 昭和30年:発行枚数 1億2310枚 価格15円
  • 昭和31年:製造なし
  • 昭和32年:発行枚数 5000万枚 価格25円
  • 昭和33年:発行枚数 2500万枚 価格70円

なるほど、これでだいたいの価値がわかりました。では管理人が所持しているギザ10を見てみましょう。

約20年で集めた145枚は…

145枚あります。「20年以上でそんだけ?」と思っていますね?これでも結構真面目に集めました。年々発見が難しくなって、ここ数年はさっぱり見かけません。

さて、年代別に分けてみます。

上部の青い数字が昭和○年製造、下部の黄緑の文字が枚数です。

ただの10円としてだと全部で1450円。先ほどの評価表に当てはめてみますと…

  • 昭和26年 14枚×15円=210円
  • 昭和27年 32枚×11円=352円
  • 昭和28年 34枚×12円=408円
  • 昭和29年 51枚×11円=561円
  • 昭和30年 7枚×15円=105円
  • 昭和32年 6枚×25円=150円
  • 昭和33年 1枚×70円=70円

1,856円

うっ…

査定の結果、1856円です。もうちょっと儲かってると思いました。収集を始めたきっかけは「製造年に関わらず最低でも1枚20円の価値がある」という知人からの噂を信じて、ですから…。

以上、管理人はギザ10でほぼ儲かっていないというお話でした。今回はギザ10を買い取ってもらう時の一例として紹介しましたが、ネットオークションやフリマアプリをみるとそれ以上の金額で取り引きされている様です。

あなたのギザ10コレクションはどうでしょうか?昭和33年製造のものはありますか?

ギザ10は思っていたほど価値がありませんでしたが、管理人は収集を続けます。20年以上やっていたのですから、もう意地です。

コメント