【中玉トマト】水も肥料も控えめ!肥料(追肥)と水やり、管理人の場合

スポンサーリンク

こんにちは。人生初プランターで中玉トマトを手探りで育てています。

当ブログではプランターや家庭菜園についての記事を書いていますが、野菜の育て方なんかを指南するつもりなどまったく無く、

「管理人は初めてのプランター菜園をこんな風にやっている」「こんなトラブルにはこう対処してみた」

そういったことを記しています。

今回は管理人の中玉トマトの肥料(追肥)や水やり事情について。

この記事を書いている時点ではトマトは種まきから3ヶ月過ぎた頃です。3本植えていて花房はそれぞれ5〜6段、青い実が付いていてチラホラ赤い実も。

管理人のトマトの水やりは2回くらい

水やりは種まきから10センチくらいに成長するまで毎日1回あげていました。雨の日はナシ。

それからは水やりは中止。乾燥気味に育てると糖度の高いフルーツトマトに育つとか。トマトの原産地ペルーのアンデス高原は水の少ない土地なんだそうです。

ただし、このトマトの横に大葉(シソ)を植えていました。大葉の方にだけ水はやっていて、トマトの方は避けていた感じです。

根っこではいくらか水分を吸っていたかもしれません。でもトマトの土の表面はいつもカラカラのパサパサでした。

その後大葉は全て抜いてしまって、トマトだけになって3週間くらい経ってます。その3週間の間に水やりをしたのは2回

見出しの「2回」とはそういう事です。

6月後半だったので梅雨を心配し、雨に濡れない場所に移動しています。6月後半から7月後半まで雨も降りますが曇りが多いですね。

ただ、調べたところ水やりに関しては情報が錯綜していて、畑に植えて根を深く張っている状態なら水少なめ、プランター等なら毎日水やり…と。

管理人はとりあえず水を避けて育ててみます。

追肥?は一応する。ただし直接やるのではなく肥料入りの土を投入

トマトは肥料に敏感で、やり過ぎるとすぐダメになってしまうそうですね。茎・葉・実のバランスが悪くなって葉ばかり生いしげる、実が付かないなど。

管理人のプランターの種まき時の土は、ダイソーの野菜の土山の土を半々にしています。ダイソーの方には最初から肥料が入っていますね。

その後、先述した様に大葉を抜いたので土が少なくなったんです。なのでダイソーの土を一袋(2.5L)投入。この時点で種まきから2ヶ月ちょい。

この土に肥料は入っています。なのでこれ追肥という事でいいかなと。

トマト育て始めて3ヶ月ちょいで追肥?は今のところこれだけです。プランターって時間経つとなんだか土が少なくなってきますよね。そのうちダイソーの土をもう一袋投入すると思います。

これで今のところトラブルなし

肥料のやり方や水やりの加減って、あちこち調べても「様子を見て追肥」とか「様子見て水やり」とか書いてありますよね。

管理人はトマトを育てるのが初めてなので、「様子をみて」というのが難しいです。 どんな感じがトマトの正しい姿なのかもよく分からなくて。

でも、今のところ水やりや肥料やり過ぎと思われるトラブルはナシです。

多分…

コメント