一般人もお得に買い物!何でも揃う! 野菜が新鮮な横浜南部市場

スポンサーリンク

皆さまは食料の買い出しに市場は利用しますか?業者やレストランが仕入れに行くとこでしょ、と思われがちですが横浜南部市場は一般人も買い物できます。今回は私も利用する横浜市金沢区にある南部市場を紹介します。魚貝類やお米、乾物、お菓子、金物と何でも売っていますがここはでは野菜類を買うのがおすすめ。素人の私が見ても新鮮です。

卸売りセンターで野菜購入

市場に入って敷地内左側の白い建物が食品関連卸売りセンター。入り口が2つあります。青果を買うなら左の入り口から。

駐車場ですが、空いていれば無料で利用できます。写真の右手のように、オレンジの線が引かれた所が一般客様です。

では、早速野菜を購入。

ネギ3本198円

さつま芋3本150円

小松菜ひと束100円

リンゴ100円

豆苗85円

山茶茸45円×2袋で90円

全部で税込780円。うちの近所の大手スーパーで買うより200〜250円安く買えました。もっとたくさん買う家なら、もっとお得感がでそうです。地元産(神奈川県産)なのは小松菜だけで、あとはそれぞれ産地が違います。

山茶茸(やまちゃたけ)とはエノキの原種です。いつも食べている白いエノキは人間が品種改良したもので、本当は茶色いんですね。山茶茸の方が火を通してもシャキシャキしていて好きです。さつま芋は金時と書いてありました。

中はこんな感じ。色々なお店が並んでいます。ネギ、リンゴ、豆苗は右手前の「あさいち」さんで。さつま芋、山茶茸、小松菜はどの奥の「つまたけ」さんで買いました。同じものが他のお店で違う値段で売られていたりするので、いきなり買わずに少しウロついて値段をチェックしてから買いましょう。

南部亭の鈴が美味しい。

南部市場内にはいくつか食事処がありますが、おすすめは南部亭。この一切気取らない感じが落ち着きます。食品関連卸売りセンターの右側奥にあり、中からでも外からでも入れます。この記事の一枚目の写真の、卸売りセンター右側入り口をずっとまっすぐ行くか、建物の外から壁を右にして奥へ行って下さい。

テーブルの上に湯呑みがたくさん置いてありますよね。テーブルのどこかにお茶が入ったやかんがあるので、勝手に注いで飲めます。この写真だと真ん中奥のテーブルにありますね、やかん。

この食堂には4店舗入っているのですが、左から

海鮮の「鈴」

中華の「一品香」

洋食「キッチンK」

和食「蒔田」

一品香は有名ローカルチェーンですね。私は鈴で山かけ丼750円と単品でから揚げ400円を注文しました。特別お安くはないですね。でも美味しくて、南部市場にきたら食べに来てしまいます。

これで1150円です。ご飯普通盛り。ご飯は注文時に言えば増減してくれるのがありがたい。やまかけ丼は卵黄が乗ってくるので、食べられない方は注文時に言って断っておきましょう。小鉢やお味噌汁は日替わりで、この日は大根の煮物と海老のお味噌汁。

やまかけはとろろ芋にマグロのすき身が混ぜてある感じです。すごく美味しいし、食べやすい。唐揚げは醤油の味付けがかなりしっかりして食欲をそそります。それでいてごま油の風味がするのですが、揚げ油にごま油を使っているかごま油をまぜているんでしょうか。

キッチンKはランチサービスメニューがお得ですが、昼の時間帯じゃなくても(朝でも大丈夫)注文できるそうです。お店の方に何時からランチメニューが頼めるのか聞いたら、そう返ってきました。

余談ですが、寒い時期に行くなら出入り口に近い席はドアの開け閉めの際冷風が吹き付けるので注意して席を選んで下さい。

店舗情報・交通

南部市場所在地

神奈川県横浜市金沢区鳥浜1-1

定休日

年始・日曜日・祝日・水曜日(不定休)

営業時間

朝6:00〜12:00

南部亭

朝6:00〜14:00

(営業時間は店舗によって異なる)

最寄駅

JR根岸線「新杉田駅」か京急線「金沢八景」からシーサイドライン乗り換え「南部市場駅」降りてすぐ。

コメント